清潔感を手に入れるためには?

モテる女性というのは、必ずしも美人だとは限らなかったりするのに、気が付かれているでしょうか?モテる女性の条件としては、「清潔感」が筆頭に挙げられることも多く、清潔感をアップさせるためにはムダ毛の処理や、臭いのエチケットなど、結構細かい点にも目を光らせておく必要があります。だからこそ、ここではキレイなワキを目指すことをお勧めしています!!

<お洋服のワキ汗と臭いの関係>
汗ばんだ時、どんなに綺麗な方でもワキの下には汗をかきますよね。その汗がお洋服につき、ワキ汗のシミや黄ばみ、または臭いの元などになってしまったりするのです。お洋服のワキに臭いが移ってしまうと、洗濯してもちょっと汗をかいて濡れるだけで、そこから臭いがしてしまうのです。

ワキ汗を抑え、さらに匂いも抑えるのに効果的なのが、ワキ脱毛なんです。毛穴の中に雑菌がたまることで臭いを放っていた原因菌が、ムダ毛がなくなって毛穴が小さくなることで匂わなくなりますし、ワキ汗の量もグンと気にならなくなるかと思います。

<ノースリーブにも自信が持てるからこそやっておきたい、ワキの処理>
ノースリーブを着た時、ワキをカミソリなどで処理をしている人は、ワキの下がじょりじょりとしてしまって、なんとなく自信がモテないことが多いようです。また、男性も、気になる女性がノースリーブ姿で吊革につかまった瞬間、ワキの下にじょりじょりが見えてしまったら幻滅してしまいますよね。

ワキのムダ毛処理を永久脱毛でしっかり処理している方は、ワキの下のお肌もすべすべ、つるつるで、自信を持って手を振ったり、手を上げたりすることができるのです。

最近では、ワンコインでワキ脱毛をできてしまうサロンなども増えていますので、キャンペーンなどをチェックしておくと良いかもしれません。さらに、医療レーザー脱毛と、サロンでの光脱毛の違いなども調べておくと、スムーズにワキ脱毛に取り掛かることができるのではないでしょうか。

モテ女子はワキが綺麗! 永久脱毛で美脇をGet

清潔感と美人は違う?

みなさんは、美人の要素といえば「顔のつくり」「スタイル」と思っていませんか?実は、美人とは言えない人でも、美人風になることは可能なのです。そのキーポイントが、「清潔感」!清潔感のある人が、必ずしも目鼻立ちが整ったスタイル抜群の美人というわけではないですが、美人ではないのにモテる、よく見ると美人じゃないのに、なんだか美人に見える、ということで「美人」枠に入ることがよくあるのです。そこでここでは、清潔感と美人の違いについて調べてみましょう。

<美人の定義は?>
「goo辞典」で調べてみたら、美人の定義は「1 容姿の美しい女性。美女。」、「2 容姿の美しい男子。」となっています。そう、美人は外見が美しい人ということなんですね。目の細い大きい、鼻の高い小さいなど、美人の中にもバラエティがあるかもしれませんが、美人は一目見て目を引く美しさがあるようです。

とはいえ、美人といわれている人が不潔な印象を持っていると、「あの人、顔は可愛いんだけれどね…」、など、美人というカテゴリーから外されることが多くなるのも事実。美人といわれる人たちと密接に関係しているのが、「清潔感」というのは間違いないでしょう。

美人と清潔感のある人の大きな違いは、美人で清潔感がない人は「美人だけど…」といわれるのに対し、清潔感のある人は「清潔感はあるけれど美人ではないよね」とは言われないことではないでしょうか。

<清潔感のある人と美人の共通ポイント>
・お肌がきれい
吹き出物などがあると、残念ながら清潔な方でも「清潔感のある方」と思ってもらえないようです。

・髪がキレイ
髪がきれいだと、「清潔感」の印象がグンとあがるようです。やはり美人の条件としては髪がきれいな人、というのもありますよね。

・歯がキレイ
歯並びが悪いと、美人のカテゴリーからも清潔感のカテゴリーからも外れてしまうようです。口臭の原因にもなりますから、歯並びは大切といえそうです。

・口臭などがない
清潔感のある人の条件ですが、美人でも口臭がある方は「残念な美人」といわれてしまいそうですね。

・ムダ毛がない
清潔感のある人は、もちろんムダ毛のお手入れも完璧です。
・服装にも気を配っている
清潔感のある方の服は、しわしわ、よれよれではないですし、毛玉などがないのもポイント。

・手元がキレイ
手がカサカサなどではなく保湿されており、爪がきれいに手入れされているのも清潔感のある人のポイントといえそうですね。

清潔感がある女子はモテる!

「あの子、そんなに可愛くないのにモテるのは何故?」なんて人、周りにいらっしゃいませんか?実は、男性が女性に求める一番の要素は、かわいさやセクシーさよりもダントツトップで、「清潔感」なんだそうです。

いくら可愛くても、美人でも、セクシーでも、清潔感がないと「彼女のしたい」「奥さんにしたい」とは思ってくれないものなんですね。そこで、ここでは清潔感について一緒に学び、手っ取り早く清潔感を演出する方法を考えてみましょう♪

<清潔感ってなに?>
毎日お風呂に入り、毎日歯を磨く。これだけで清潔感が演出できれば、みんな清潔感を演出していることになってしまいますよねえ。それでは、男性がいう「清潔感」とはどんなことを指すのか?これは、もうイメージから服装から香りから「清潔感」、要するに一緒に居てすがすがしい印象を感じる人となるわけなんですね。

<清潔感の演出>
清潔感は演出することができます。「え~、なんか嫌だな」と思った方。モテたくないのであれば、別に清潔感を演出する必要はないかもしれません。けれど、周りの人に好印象を持ってもらいたい、なんて思われている方は、ぜひ清潔感の演出を頭に入れて服装やヘアスタイルなどを選びたいものです。

○ヘアケアはしっかりやる
つやつや、サラサラのヘアは、清潔感を演出するうえで欠かせません。ぱさぱさ、枝毛だらけのプリンヘアでは、清潔感をいくら服で演出してもNG。ぜひ、ヘアケアに力を入れ、艶髪を手に入れましょう。

○スキンケア重視
トラブル肌をいくらファンデーションで厚塗りをして演出しても、やはりベースの汚さはわかってしまうもの。ファンデーションは付けないか、薄く塗る程度で済むくらい、まずはお肌を磨き上げましょう。ニキビなどに悩まされている方は、生活習慣を見直すことも大切です。

○口元のケア
口臭、歯の色、歯並びも清潔感には必須です!ここは手を抜かず、きっちり白い歯を目指しましょう!

○ネイル
爪に汚れが入っていたり、またネイルが懲りすぎているのも清潔感からは遠ざかってしまいますよ。細かいところもしっかりケアしている人こそ、清潔感を演出できてしまうのですね!

さらに、笑顔、明るい声などが、清潔感を演出できるといえるかと思います。清潔感は、さわやかさとも密接な関係があるのです。